医師の過労死

病理科医・病理医とは、患者さんの体から病変部の組織を採取し顕微鏡を使って病気の原因を調べる専門の医師になります。一般的な病気の診断では、臨床医が体調不良の様子や症状の程度を患者さんにたずねたり(問診)、患部を診たり(視診)、触ったり(触診)、血液検査、X線検査などを行い総合的に‘推定’診断します。一方、病理医は患者さんと直接コミュニケーションを取ったり、顔を合わせることはありませんが、顕微鏡で病変を見て病気の原因が何なのか最終的に診断しなければなりません。(病理医の総合情報サイトはこちらです

私たちの身体は膨大な数の細胞が寄り集まって作られているため、病理医は細胞の形や並び方などから病気を調べ(病理診断)、病気の進行程度、病気の新旧度など、病気の詳細な状態を明らかにし、臨床医に情報として伝え、臨床医がその情報に基づいて治療方針を決めていきます。極端に言えば、臨床医が問診や血液検査で診断を少々間違えても修正することはできますが、病理医が病理診断を誤ると取返しの付かない事態も考えられます。手術の後に病気の診断が誤っていたのが分かっても、足を切断した…、腎臓を取った…、胃を切った…、その後では遅いのです。

そのため病理医に絶対に間違いのない正確な病理診断が求められることは言うまでもありません。

病理診断では、病変の一部を取って病気の診断をする‘生体検査’と、ある臓器をまとめて切除し病変全体像を調べる‘手術検査’があります。例えば、まずカメラなどの内視鏡で確認できる胃の病変部分を一部取り(胃生検)、胃炎・胃潰瘍・胃ガンなど病気の種類を病理診断します。病気の診断によってその後の治療方法は大きく異なるため、ここでは正確な診断をしなければなりません。生検で病気は胃ガンであると診断され、手術をすると、ガンに侵された胃の病変部が摘出されます。この摘出された胃からガンの組織標本を作り、顕微鏡で胃ガンを詳細に調べていきます。胃ガンの大きさ、組織の形、悪性度、進行度、転移度など手術検査から分かる情報を臨床医に提供します。臨床医はその情報をベースに患者さんが今後どのような経過をたどり、どんな病態変化が想定されるかを考えて予測を立て、治療を行っていきます。

病気の診断や治療方法の決定というものは、臨床医一人が判断と決定を行っているわけではなく、陰で臨床医・医療を支える病理医とのやり取りの中で方向付けされていることが分かります。

日本には病理医の高い専門性を認める病理認定制度があります。医師免許取得後、5年間以上の研修を積めば受験資格が取得できます。現在の所、病理認定医として専門性を持って活躍する医師の数は少なく、慢性的に病理医不足は続くと見られています。


当サイト人気コンテンツ

■ 純金取引の現状
■ 投資方法の種類
■ 実際の購入方法
■ 売却したい時は
■ 関連投資商品の種類

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2017 純金総合情報. All Rights Reserved.