金ETFへの関心の高まり

金ETFは「金価格連動型投資信託」の事で金地金の現物のみで運用する
投資信託を有価証券化して証券取引所に上場したものです。 裏づけとして、
投資家の購入額に応じて金地金を保管する仕組みとなっており万一取扱会社の
破綻があったとしても保護される仕組みとなっています。

金ETFの価格は一口3000円程度(売買は10口単位)なので、約3万円からの
手ごろな価格で金投資出来ます。また通常の株式のひとつの銘柄として、
証券口座を持っていれば特に何の手続きもなく自由に売買することができます。
金地金や純金積み立てなどと違い、保有手数料も一切かかりません。

現在のところ、まだあまり活発には取引されていませんが、今後は活発になる
ものと予想されています。一般の人でも少ない資金で金の取引が出来ますし、
今までは株式市場が暴落しても、一般の投資家はただ回復を祈るだけ、
という状況でしたが、今後は株を一旦売り、金ETFに資金を回すという、
リスクヘッジ戦略を取ることが可能になりました。

ただ、株式と違い、金ETFは利回りがありません。このため、自分が買った時
よりも高く売らないと、利益が出ません。この仕組みをよく理解できていないと、
投資の価値が無いものになってしまいます。金ETFには金相場の読みが必要不可欠
になるわけですが、金はここ数年ずっと値上がり基調で推移していますし、
これからも簡単には下がらないだろうという予測が大勢を占めています。
これも金ETFの人気の理由でしょう。

当サイト人気コンテンツ

■ 純金取引の現状
■ 投資方法の種類
■ 実際の購入方法
■ 売却したい時は
■ 関連投資商品の種類

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2017 純金総合情報. All Rights Reserved.