純金への投資方法の種類

金はどの時代にでも、どの国でも通用する。裏付けの必要のない確実な
資産になります。金は合成する事は不可能です。全体の埋蔵量も極端に
少なくなっていると言われています。つまり、金は、限りある希少性の高い
資源なのです。金の需要は宝飾、地金、金貨以外に、ビデオ、コンピュータ、
宇宙衛星などのハイテク産業用の資源として重要な役割を果たしています。

しかし、現在地球に埋蔵されている金は約76,000トン程度で、しかも、
その大部分は採掘が困難な場所にあり、近い将来は、地上にある在庫を
再利用し続ける以外に手段がなくなると予想されています。

「金」に投資する方法としては「金地金」「金貨」「純金積立」の3つが
一般的です。これ以外にも、「金」を採掘する企業への投資、というものも
あります。こうした投資としては、米国の「ニューモントマイニング」などが
有名です。金などの貴金属を採掘する企業への投資は、金などの現物資産の
上昇によって大きなリターンが期待できます。また、株や債券とは異なる
値動きをする商品を自身のポートフォリオに組み入れることで、分散効果を
大きくすることができます。

ただ、こうした外国の企業に投資するには、いろいろとリスクもあることから
不安に思う人も多いことでしょう。そうした人のために、金鉱企業を中心に
投資する投資信託というものもあります。一般的なファンドと同様に1万円
程度から購入することができ、少ない資金で始められるのも魅力でしょう。

[PR]乳児院のナースへ転職

当サイト人気コンテンツ

■ 純金取引の現状
■ 投資方法の種類
■ 実際の購入方法
■ 売却したい時は
■ 関連投資商品の種類

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2017 純金総合情報. All Rights Reserved.